ダイエッターにも体質改善にもベジタリアンがおすすめ!

SOHOやフリーランスで活躍する33歳女性です。

私はここ4年くらい、ベジタリアンを実施しています。
といっても出されたお肉は頂き、
お魚はたまに自らいただく事もあります。

以前、インドにてアーユルヴェーダ・パンチャカルマという
インドの伝統医学を三週間受けに行った際に、
食事がすべてお野菜のみのベジタリアンでした。
体質改善のための、一時的なベジタリアンでした。

勿論、食事内容はほぼカレー

色んな食材で毎日カレーという生活でしたが
私は特に厳しい食事制限もなく、
また、自分の体質に合ったヨガを朝と夕方の一日に二回行うという
プログラムでした。

ベジタリアンで過ごしたことで
身体がとても軽くなり、
何より、自分の目が、少女のようにきらきらに戻ったことが驚き。

当時付き合っていた彼には
惚れ直した。
と言われたほど。笑

タマス(純度)があがり、
自分の持っているエネルギーがクリアに綺麗になる事で
目の輝きも読みがるというもの。
きっと結構が良くなるということも含まれるのかもしれません。

自分の見えるものも美しくなった様でした。

体重はもともとは買っていなかったのですが、
言った当時より、はいていたパンツはブカブカに。
余計なお肉がそぎ落とされました。

それから、
ベジタリアンでも行けるじゃん!
とベジタリアンを日ごろ実践しています!

ますは一食からなどでも、とにかくお勧め!

食べる順序を変えるだけのお手軽ダイエット

ダイエットというと、摂取エネルギーより消費エネルギーを上回れば必ず痩せる,という定説や、脂肪や炭水化物を控えるというのが長年ダイエット業界の常識でしたが、今はさらに細かい定説や研究結果が続々話題に上がっています。
最近は、同じ食事内容でも食べる順番を変えるだけで、太りにくくなるということがよく話題になっています。
今はカロリーよりも、血糖値の急激な上昇が健康やダイエットの大敵と言われています。食物繊維を食事の最初にとることで、脂肪や糖質の九州を穏やかにしてくれると言われています。
同じ量のごはんや麺を食べるのでも、まず食物繊維の多いサラダや野菜の煮物などを食べ、次にタンパク源である肉や魚のメインのおかずを食べ、最後に糖質であるご飯やパンを食べると、血糖値の急激な変化を抑えられるので、太りにくくなり、ダイエットにもなるということです。冬場の鍋などは、野菜やきのこをたっぷり摂れて、締めのうどんや雑炊は最後に食べるので、とても理にかなっている食べ方です。