タグ別アーカイブ: 再掲2018日本代表ホームユニフォームのディテール

再掲:2018日本代表ホームユニフォームのディテール

今のごろは、多分、日本代表を応援するファンたちは2018日本代表新ユニフォームを手に入りました。今回は2018日本代表ホームユニフォームを改めて紹介いたします。

日本代表の新しいユニフォームの話題といえば、多分、今までもサッカーファンたちも興味が持っているでしょう。今回は2018シーズン日本代表ホームユニフォームのデザイン性や色あわせから、詳しく紹介します。

2年ぶりとなる注目の新ユニフォームを発表される前に、ユニフォームサプライヤーのアディダスが意味深な画像を公式ツイッターでいくつか公開していました。すなわち、「青い侍」各所に配されたアディダスの象徴“三本線”など、明らかに新ユニフォームのティーザーといえる画像です。

「勝色」の新ユニフォームを発表されました上、すぐにサッカーファンたちからの議論を呼び起こしました。

カラーには日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用しました。伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージしています。

ユニフォームのフロントは、日本の伝統的な服装の防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用しました。

首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用しました。

襟裏に今回プリントされたのは、「甲斐の虎」として名高い戦国武将である武田信玄の家紋、武田菱をモチーフとして採用したデザイン。

ロシアの地へチームを導く先導者という意味合いが込められている。襟付きのユニフォームをモチーフにした首まわりも珍しい。

「風林火山」の字の如く、日本代表のスピード感あふれる攻撃や、ずっしりと安定感のある守備、チーム一丸となってプレーする組織力を大胆に表現した。

実物もかなりのインパクト!