カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2017東アジアの代表チームの平均年齢について

2017東アジアカップの決勝大会は2017年12月8日から12月16日にかけて、日本で開催されました。現在もう試合が終わりました。本日は、2017東アジアの代表チームの平均年齢について詳しく説明いたします。

男子決勝ラウンドのチームは日本代表、韓国代表、中国代表や北朝鮮代表となりました。各代表チームのサッカー選手リストを見ると、今回の決勝大会で4つチームの共通点は強力な選手を招集されませんでした。

2017東アジアの代表チームの平均年齢は次の通り。

1位:韓国代表(平均26.71歳)
2位:日本代表(平均26.35歳)
3位:中国代表(平均25.08歳)
4位:北朝鮮代表(平均24.87歳)

次は各チームのサッカー選手の詳細を紹介いたします

日本代表
平均年齢:26.35歳、U23選手:6人、30歳以上:5人

今回の東アジアカップで、日本代表のメンバーの中で海外の選手は招集されませんでした。メンバー23人は全部国内のJリーグに所属しています。J1リーグの鹿島アントラーズとガンバ大阪は6人ずつ招集されました。メンバーの中で一番年上の選手はガンバ大阪に所属している今野泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日)です。

韓国代表
平均年齢:26.71歳、U23選手:4人、30歳以上:3人

日本代表と同じ、今回の韓国代表のメンバーも海外の選手は招集されませんでした。チームの主な選手はKリーグに所属しています。メンバーの中で一番年上の選手は江原FCに所属している李根鎬(イ・グノ、1985年4月11日)です。

中国代表
平均年齢:25.08歳、U23選手:6人、30歳以上:3人

中国代表のメンバーの中で一番年上の選手は中国サッカー・スーパーリーグに所属している肖智(1985年5月28日)です。

北朝鮮代表
平均年齢:24.87歳、U23選手:10人、30歳以上:2人

平壌出身のサッカー選手、ポジションはGKである李明国は前続き招集されました。ポジションはフォワードの鄭大世選手が招集されませんでした。

再掲:2018日本代表ホームユニフォームのディテール

今のごろは、多分、日本代表を応援するファンたちは2018日本代表新ユニフォームを手に入りました。今回は2018日本代表ホームユニフォームを改めて紹介いたします。

2018 日本代表 ユニフォームの話題といえば、多分、今までもサッカーファンたちも興味が持っているでしょう。今回は2018シーズン日本代表ホームユニフォームのデザイン性や色あわせから、詳しく紹介します。

2年ぶりとなる注目の新ユニフォームを発表される前に、ユニフォームサプライヤーのアディダスが意味深な画像を公式ツイッターでいくつか公開していました。すなわち、「青い侍」各所に配されたアディダスの象徴“三本線”など、明らかに新ユニフォームのティーザーといえる画像です。

「勝色」の新ユニフォームを発表されました上、すぐにサッカーファンたちからの議論を呼び起こしました。

カラーには日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用しました。伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージしています。

ユニフォームのフロントは、日本の伝統的な服装の防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用しました。

首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用しました。

襟裏に今回プリントされたのは、「甲斐の虎」として名高い戦国武将である武田信玄の家紋、武田菱をモチーフとして採用したデザイン。

ロシアの地へチームを導く先導者という意味合いが込められている。襟付きのユニフォームをモチーフにした首まわりも珍しい。

「風林火山」の字の如く、日本代表のスピード感あふれる攻撃や、ずっしりと安定感のある守備、チーム一丸となってプレーする組織力を大胆に表現した。

実物もかなりのインパクト!