現金化

 クレジットカード現金化の安全性などについて

クレジットカード現金化の安全性などについて

(公開: 2017年1月13日 (金)

ショッピング枠を現金にすることをクレジットカード現金化といいます。

換金率の高い金券などをショッピング枠で購入し、金券ショップなどに転売して現金を得るという仕組みです。

金券類は以前より入手しやすく、実店舗だけでなくネット通販で購入することもできます。自分で金券類を売買すると、業者に依頼する場合に必要な手数料がかかりません。

やり方次第では額面に近い価格で売却することができます。金券や商品券などは専門店やスーパーや百貨店などで購入できます。

ただし、提携カードや自社発行のカードのみ使えるとか、ゴールドカード以上ならば購入ができるなどショッピング枠での購入が難しい場合もあります。

キャッシングをせずにクレジットカード現金化を行うことは、信用情報会社や機関へ登録をする必要がないので安全性が高いです。

ショッピング枠を利用して商品を購入するという行為は、借金ではないので厳しい審査がありません。

ただし、買取ショップの中には換金率をごまかして買取価格を低くする業者も存在するので注意が必要です。

また、飲み会の幹事などになってカード決済可能な飲食店を利用し、最後に参加者全員から飲食代を受け取って自分のクレジットカードで支払うという方法もあります。

カードで普通に飲食代を支払うという行為なので安全性が保たれ、飲食代を全て現金化することができます。

ただし何回もやると他の人に分かってしまい、ケチな人だと思われてしまいます。

他には、業者に依頼する方法もあり、優良な業者であれば対応が早いです:ビックギフトの評判はこちら