作成者別アーカイブ: admin

1994 日本代表 記念 ユニフォーム #11番 三浦知良 絶賛通販中!

今日は、1994年 日本代表 ユニフォーム を推薦したいですが、1992-1996年の日本代表ユニフォームは「ドーハモデル」となっている。日本協会のシンボルであるヤタガラスの羽根をイメージデザインにした、つまり「ドーハモデル」です。日本代表ユニフォーム史上初の
「デザインされたオリジナルモデル」と評価されます。

1994年に日本サッカー歴史上初めて世界レベル試合出場を決めたU-19アジアユース、1994年当時、日本代表がワールドカップに出場することは夢みたいことだと言われていました。当時のサッカースーパースター三浦和良が、日本代表は世界中サッカー地位を上げられしていたと評価されました。

まず、三浦知良当時着用モデル写真を御覧ください~

【デザインについて】

1、1994アメリカW杯予選の「ドーハの悲劇」でも有名なモデルになります。

2、日本シンボルなジャパンディープブルーをベースカラーに採用。

3、全体に、ホワイト不規則なストライプとディープブルーを混じり合って、日本代表W杯への抱負と強く期待を表現していた。

4、左袖には日本国旗が配置して、背部には三浦知良の氏名「KAZU」と番号「11」も配置しております。

5、メーカーロゴは刺繍、エンブレムは織りワッペン縫い付け。

6、ポロシャツ襟仕様。

弊店は1994 日本代表 記念 ユニフォーム #11番 三浦知良を絶賛通販中、サッカースター三浦知良への応援と強く思うを含めて、このユニフォームを発売されますが、日本サッカー実力成長のシンボルだと思います。お気に入り方はこちらへ

 

2017東アジアの代表チームの平均年齢について

2017東アジアカップの決勝大会は2017年12月8日から12月16日にかけて、日本で開催されました。現在もう試合が終わりました。本日は、2017東アジアの代表チームの平均年齢について詳しく説明いたします。

男子決勝ラウンドのチームは日本代表、韓国代表、中国代表や北朝鮮代表となりました。各代表チームのサッカー選手リストを見ると、今回の決勝大会で4つチームの共通点は強力な選手を招集されませんでした。

2017東アジアの代表チームの平均年齢は次の通り。

1位:韓国代表(平均26.71歳)
2位:日本代表(平均26.35歳)
3位:中国代表(平均25.08歳)
4位:北朝鮮代表(平均24.87歳)

次は各チームのサッカー選手の詳細を紹介いたします

日本代表
平均年齢:26.35歳、U23選手:6人、30歳以上:5人

今回の東アジアカップで、日本代表のメンバーの中で海外の選手は招集されませんでした。メンバー23人は全部国内のJリーグに所属しています。J1リーグの鹿島アントラーズとガンバ大阪は6人ずつ招集されました。メンバーの中で一番年上の選手はガンバ大阪に所属している今野泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日)です。

韓国代表
平均年齢:26.71歳、U23選手:4人、30歳以上:3人

日本代表と同じ、今回の韓国代表のメンバーも海外の選手は招集されませんでした。チームの主な選手はKリーグに所属しています。メンバーの中で一番年上の選手は江原FCに所属している李根鎬(イ・グノ、1985年4月11日)です。

中国代表
平均年齢:25.08歳、U23選手:6人、30歳以上:3人

中国代表のメンバーの中で一番年上の選手は中国サッカー・スーパーリーグに所属している肖智(1985年5月28日)です。

北朝鮮代表
平均年齢:24.87歳、U23選手:10人、30歳以上:2人

平壌出身のサッカー選手、ポジションはGKである李明国は前続き招集されました。ポジションはフォワードの鄭大世選手が招集されませんでした。

再掲:2018日本代表ホームユニフォームのディテール

今のごろは、多分、日本代表を応援するファンたちは2018日本代表新ユニフォームを手に入りました。今回は2018日本代表ホームユニフォームを改めて紹介いたします。

2018 日本代表 ユニフォームの話題といえば、多分、今までもサッカーファンたちも興味が持っているでしょう。今回は2018シーズン日本代表ホームユニフォームのデザイン性や色あわせから、詳しく紹介します。

2年ぶりとなる注目の新ユニフォームを発表される前に、ユニフォームサプライヤーのアディダスが意味深な画像を公式ツイッターでいくつか公開していました。すなわち、「青い侍」各所に配されたアディダスの象徴“三本線”など、明らかに新ユニフォームのティーザーといえる画像です。

「勝色」の新ユニフォームを発表されました上、すぐにサッカーファンたちからの議論を呼び起こしました。

カラーには日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用しました。伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージしています。

ユニフォームのフロントは、日本の伝統的な服装の防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用しました。

首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用しました。

襟裏に今回プリントされたのは、「甲斐の虎」として名高い戦国武将である武田信玄の家紋、武田菱をモチーフとして採用したデザイン。

ロシアの地へチームを導く先導者という意味合いが込められている。襟付きのユニフォームをモチーフにした首まわりも珍しい。

「風林火山」の字の如く、日本代表のスピード感あふれる攻撃や、ずっしりと安定感のある守備、チーム一丸となってプレーする組織力を大胆に表現した。

実物もかなりのインパクト!

2017東アジア杯で日本代表 vs 韓国代表の試合詳細

東アジアカップについて

東アジアカップは、東アジアサッカー連盟(EAFF)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの国際大会である。前身はダイナスティカップ。2年ごとに開催される。2017年の「東アジア杯」は日本で開催された。2016年の第50回EAFF理事会で、東アジアカップから男子大会はEAFF E-1フットボールチャンピオンシップに大会名称が変更された

試合結果

2017 決勝大会の男子が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は第3戦で韓国代表と対戦した。試合は韓国が4-1で日本を下した。日本が3点差をつけられて韓国に敗れるのは1982年3月以来35年ぶり。日本は韓国に歴史的大敗を喫した。

監督コメント

ハリルホジッチ 監督

「このチームが日本より強いことは試合前から分かっていた。レベルに差があった。韓国は勝利に値していたと。しっかり結果を残すことを望んでいたが、1点目を決めたあと、プレーを止めてしまった。なぜだかはわからない。相手がその状況をうまく利用して2得点。そこで我々のバランスが崩れた。韓国の方が格上だったと思う」

採点
Pos No. 選手名 採点 寸評
GK 12 中村 航輔 6.5 失点はしたものの前回に続き素晴しいセービングを見せた
DF 3 昌子 源 4.0 今までの試合と違いハイボールで放り込まれる形が何度も見られハイボールに対する対処がよく分かる試合だった。主に対応していた昌子が高さで何度もせり負け少し強い相手ではハイボールでの勝負に不安が残る結果になった
DF 5 車屋 紳太郎 3.5 上がるタイミングが悪く基本的な守備ができていなかった。昌子がカバーする形で引っ張り出されて中があくという危ない形になんどもなった。出場した2試合続けてかなり問題があり代表レベルにはないように感じた
DF 6 三浦 弦太 4.5 競り合いにかてず韓国が中にロングボールを放り込むだけで日本を崩せてしまう形になっていた。高さでの勝負以外も守備の連携も課題が残った
DF 22 植田 直通 5.0 日本のDFラインはロングボールだけでボロボロになっていた状態で、DFが毎回一枚足りず右か左で誰かがフリーになる形を繰り返した。攻撃参加とクロス精度は相変わらず素晴しいモノがあった
MF 2 井手口 陽介 4.5 後半21分OUT 積極性は見せたがボールを上手くつなげずロストを繰り返し、相手に中盤を支配された
MF 13 土居 聖真 5.0 体の強さやポストプレーでは持ち味を見せたが連携が上手くいかずボールをつなげなかった
MF 17 今野 泰幸 4.0 守備ではいいプレーも見せたが、相手の荒さがあったとはいえ堅実なプレーが求められるベテランとは思えない浮き足立ったプレーが目立ちボールをロストする流れを繰り返した
FW 7 倉田 秋 4.0 後半36分OUT 序盤ボールがつなげず持ち味の運動量も有効ではなかった。中盤で流れを作ることが出来なかった
FW 11 小林 悠 4.5 ボールが前まで運ばれないので仕事が出来なかった。PKで1得点はしたが1点オウンゴールもした。オウンゴールがなければプレー自体は悪くはなかった
FW 14 伊東 純也 4.5 後半24分OUT 縦への突破は悪くないプレーがあったがあまりにも簡単にボールを失いすぎた
交代
MF 16 三竿 健斗 4.5 後半21分IN 交代で入ったが違いを見せることは出来なかった。まだ
FW 9 川又 堅碁 5.0 後半24分IN 体の強さは見せたが点にはつながらなかった
FW 18 阿部 浩之 5.5 後半36分IN 短い時間ではあったが相手のラインの裏へ抜ける動きが効果的に機能し攻撃を活性化させた
監督 ハリルホジッチ 5.5 選手のテストという目的は果たしたが結果は出なかった。辛抱強く若手を使った点は評価したいが韓国の戦術に対応できていなかった。日本の守備のについては韓国が良く分析していた。こういう日本のやり方をよく分かっている相手、よく分析してきている相手にどう戦うかは課題。試合中の戦術に関してはHTでの修正には失敗しており、選手交代も遅く判断に迷いを感じた。また高さを持ち味とする相手にロングボールを指示したため身長勝負になった。
日本代表の先発メンバー及び所属するリーグ情報

■GK
12 中村航輔(柏レイソル)

■DF
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
5 車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
6 三浦弦太(ガンバ大阪)
22 植田直通(鹿島アントラーズ)

■MF
2 井手口陽介(ガンバ大阪)
13 土居聖真(鹿島アントラーズ)
17 今野泰幸(ガンバ大阪)

■FW
7 倉田秋(ガンバ大阪)
11 小林悠(川崎フロンターレ)
14 伊東純也(柏レイソル)


『日本代表 2018 ホーム ユニフォーム 半袖』絶賛発売中!
日本代表 ユニフォーム こちら から